63

拝啓 あの男


私には人を信じるという言葉の意味がわかりません。

あなたは信じなかったか忘れたかだけど

前に言ったように、私は病気なんです。



あなたが当たり前のように言うその意味がわかりません。


もともと別に疑ってません。





ということで

とりあえずぐぐってみた。。。

うぃくしょなりぃより。


1.(シンまことと思う。うそ偽り無く確かに正しいまことの事だと強く思い込んで受け入れる

私がさっき使った

あなたは信じなかったか

とかいう言葉の信じるの用法はこれ。

これは言葉にかかってる

私の言葉が本当かどうか信じたかどうかということ


これが人にかかる??

人が本当かどうかって、どういうことやねん

キャラ作ってるんじゃないかってこと?

どうでもいいね




2.(シンたよりにする。頼るに足りる頼もしい 相手であると当てにして心を寄せる。信を置く。信用する。信頼する。

誰かを当てにするくらいなら結構します。


これでいいんですかね。

なんか、私にとってそれは打算で、

だから信じるって言葉のピュアそうなイメージとは違います。




3.(シンまかせる。(この世のことわりを超えた力を持つとされる神や仏などといったものや その教えなどを)うそ偽りなく確かに正しいものとして疑う事無く受け入れ、いざというときに頼るに足りる頼もしいより所であると当てにしてこれに心を寄せてたのみ、素直に身を任せてそれに従おうとする。信仰する。信心する。

信じるって言葉で一番にイメージできるのはこれです。

でも教祖でもない人に使う言葉じゃありません。







リア充たちの共通認識らしい信じるとかいう言葉

まったく意味不明

自分を信じるとかも意味不明



諦めるとか思い込むとは違うわけ?

なんかそれをポジティブな言葉にしただけな気がするのに

やたら綺麗なものとして扱われてる感があるから

どういうことなのかわからない





わかりません。





おかしいなあ


なんか、ほんとに、嘘かほんとかって話で言えば、 

内緒話とかされて衝撃の事実っぽいこと言われても

ふーんで終わるし、他の人に漏らすこともない



手順的にいっても、当てにするために仲良くなっとこうみたいな感じで生きてる


あれ、なんか死にたくなってきたな。。。

けいぐ





広告を非表示にする