読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

14

なんで気づいちゃったかなあ

あの微妙な空気の意味とか

失礼な発言だったんだろうなとか

勘違いだったなとか

 

もういやだなあ

 

人間に興味なんてないのに

別に嫌われてもいいのに

なんでこんなに罪の意識に苛まれなきゃいけないのかな

 

なにと戦ってんだろうこれは

孤独を恐れる気持ちからくるわけじゃない

自分で自分を許せないってところなんだろうか

いやだなあ

やだやだ

あーいやだ

はーもうやだ

もうしゃべりたくない

会話したくない

雑談とかするからだめだよね

私しゃべったらだめなんだよねきっと

わかんないんだもんそういうの

 

 

いっそ嫌ってくれたらいい

私が100%悪いってそう思って気にしないでくれたらどんなに助かるか

そうだね、私の発言で相手が自分自身が悪いんじゃないかって悩んだんじゃないかとか

そういうことがつらい

 

 

こんな人間がいるなんて

あの人は信じられないだろうけど

別にそんなことを求めたことはない

私を理解してもらおうなんて思わない

いい人なんだろうとは思うけど特に交流を持ちたいとも思わない

非合理的なこころのつながりとやらを持とうとしてくる

それはずっと前からわかってるけど

そんな気になれない

もう会話すればするほど

違うなっていうのがわかって

その違う部分っていうのが私が苦手なものだから

それ以上仲良くなる気になれない

 

苦手だ

一緒にいたいとか

1人が嫌だとか

仲間外れにされたくないとか

期待とか

そういう気持ちをぶつけられるのが

 

 

っていうか自分に気持ちを向けられるのが嫌いだ

透明人間になりたい

いやべつに生きてる必要もない

正直特に死への恐怖はない

なんで生きてるのか自分でもほんとうにわからない

でもなんか生きてる実感も薄い気がする

昔と比べて

 

夢も希望もない

特にしたいこともないし楽しいと思えることも少ない

なんで生きてるんだろうな

でも死への憧れがあるわけでもない

特に深く考えたことがないだけだから

生にも死にも興味がない