読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9

思い出した。

 

なんか、就活中にと、会社入ったばっかりの頃に 

たまに無意識に一人称が「ぼく」になってたんだけど

なんだったんだろう

 

さすがにこれはヤバイんじゃないかと思って

それでLGBTについて調べて

ついでにアセクがひっかかったんだったわ。

そう、そういう流れだった。

 

この記憶があいまいなところとか考えが切り替わる感じとか

ほんとね、何も考えてないんだよね。

私は何も考えてなくても、思考パターンがいくつかチャンネルみたいにあって

意識的に操作できるものは基本全部オンにしてて

そしたらそういういくつかの性格の思考パターンが流れてくるから

その中から採択してるかんじ。どれがいいか。

そんなんだから記憶にも残らないんだろうね

 

演じることに熱心、、

そうだね

女優になりたいのかって感じだねほんとそればっかりだから

でもきっとメインの自我(本でなんて書いてあったか忘れた)は耐えられない

アスペルガースキゾイドは正反対だと思う

スキゾイドは人の気持ちに特に敏感だ

 

 

思い出した。

思い出がないといったのは、そのときはそう思ったけど

そういえばいくつかはあった。

たぶん一番古いのは、保育所の中学年か高学年くらいのもの。

友達とシーソーに乗ってて、私は友達に自分の父親を嫌わせようと嘘をついている

罪悪感のせいで残ってるのかな

なんとなく気持ちが再現されたもん