読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6

 就活(再就職のための)のときに、多重人格を疑ったことがある。

 

映画を見ていると、自分は見ているだけで、何にも考えていない。

でもいつもどおり自動的に決まったパターンの思考がいくつか流れてきて、私を笑わせようとしたり、それをたしなめるように急にシリアスな思考を流してきたりする。

その中で私はたまに、何も考えてないんだけど、なんか心が何かしら動いて、だからその感情らしきものを受け取る。それが何なのか、分析する。

映画だとそんな暇はないから、ピコピコ動くのをかんじて終わる。

 

まあ映画なんてめったに、付き合いで年に一回みるかみないかくらいなんですけど

 

 

あ、また不親切な書き方をしたよ。

スキゾイドね。フェアベーンはおいといて、一般的には

スキゾイドパーソナリティ障害とは、社会的関係への関心のなさ、孤独を選ぶ傾向、そして感情的な平板さを特徴とする。

 スキゾイドは「社会的に孤立していて対人接触を好まず、感情の表出が乏しく、何事にも興味関心がないように見える」という性格特徴を表す言葉である。また、本症は外界への興味・関心そのものが薄いという点で、対人恐怖症回避性パーソナリティ障害とも異なるものである。

 

DSM-IV-TRでは次の診断基準のうちの少なくとも4つ以上を満たすことで診断される。

  1. 家族を含めて、親密な関係をもちたいとは思わない。あるいはそれを楽しく感じない
  2. 一貫して孤立した行動を好む
  3. 他人と性体験をもつことに対する興味が、もしあったとしても少ししかない
  4. 喜びを感じられるような活動が、もしあったとしても、少ししかない
  5. 第一度親族以外には、親しい友人、信頼できる友人がいない
  6. 賞賛にも批判に対しても無関心にみえる
  7. 情緒的な冷たさ、超然とした態度あるいは平板な感情 

(wiki

DSM-IV-TRの基準(今初めて見たけど)には全部当てはまってますね

逆に第一親族…!?いやそれに対しても特別どうこうあるわけじゃないんですけど

って思ったけど、まあそのへんは色々あるんだろうなと